命削り真竜 デッキ 回し方展開解説

未完成の記事です。忙しくてなかなか作業できないので、話題に乗り遅れないようににデッキレシピだけ公開(笑)。採用カードについてや動きとかは今後少しずつ追記していきます。

マスターデュエルで作りやすい真竜テーマについてまとめました。遊戯王を復帰するにあたって作ったデッキなので何気に思い入れはあります。エクストラデッキを使わないのでリアルでも安くて作りやすいデッキなんだけど、まさかマスターデュエルでも同じになるとは(笑)。

デッキレシピ

モンスター
真竜拳士ダイナマイトK × 3
真竜戦士イグニスH × 3
真竜導士マジェスティM × 2

魔法
真竜の継承 × 3
真竜凰の使徒 × 3
命削りの宝札 × 3
強欲で謙虚な壺 × 3
強欲で貪欲な壺 × 3
テラ・フォーミング × 1
ドラゴニックD × 1


真竜皇の復活 × 3
真竜の黙示録 × 3
スキルドレイン × 3
帝王の溶撃 × 3
神の宣告 × 1
王宮の勅命 × 1
虚無空間 × 1


UR:4枚
SR:16枚
UR4枚は驚異の低レアリティデッキですね。できれば強欲で貪欲な壺を減らして神の宣告をすべきだと思います。私は持ってなかったので1枚にしています(笑)。後は鉄獣との対戦回数が多いなら王家の眠る谷-ネクロバレーを採用すべきです。そうするとURが7枚になるので、ちょっとインパクトが薄れるかなと思ったりしています(笑)。

永続罠・魔法と相性が良い真竜テーマのカードでコントロールするデッキなんだけど、一番の特徴は効果無効の永続罠のスキルドレイン帝王の溶撃の計6枚採用しているところだと思います。帝王の溶撃がエクストラデッキがあると使えないので、エクストラデッキを使わないデッキレシピになっています。

デッキの動きについて

真竜テーマの妨害は、罠とモンスターを使った破壊です。詳しくは後述しますが、真竜罠は墓地に送られた時に破壊効果を使うことができます。合わせて相手ターン中に真竜モンスターをアドバンス召喚できる効果も持っています。相手ターン中に真竜罠をリリースして真竜モンスターをアドバンス召喚することで破壊効果を使うことができます。

真竜テーマの妨害だけだと現在の遊戯王では簡単に乗り越えられてしまいます。妨害の弱さを補うために効果無効の永続罠であるスキルドレイン帝王の溶撃を使います。

真竜テーマについて

真竜といえば電脳堺の切り札真竜皇V.F.D.が有名だと思います。同じ真竜ネームですが似て非なるものとなっています。真竜皇でない真竜は、永続魔法・罠をリリースしてアドバンス召喚できる上級モンスターです。真竜の力に目覚めたら、何故か魔法・罠をリリースできるようになってしまった不思議な人?モンスター達です。

デッキデッキマスターデュエル解説解説遊戯王
遊戯王_カーナベル広告
シェアする
duelistをフォローする
決闘者のTCGサイト

コメント